虎屋は、長崎県・新上五島町で五島うどんの製麺所として産声をあげました。
創業以来、美しい五島の海のすぐそばに作業所を構えています。
代替わりや事業拡大を経て、現在は「五島うどん」「海塩」「あごんちょび」「金の水餃子」の4商品が事業の柱。
なかでも、全ての商品に使われている海塩が、虎屋の味を支える大きな柱です。

私たち夫婦が、こころの実父で創業者でもある先代の故・犬塚虎夫の後を継ぎ、のれんを守っています。この島で生まれ育った私たちだからできる、この島の魅力を生かした商品づくりに励んでいます。 どうぞ、よろしくお願いします。

虎屋の歩み

1986年 犬塚虎夫が五島うどんの製造販売を開始
1997年 長崎県内で、いち早く製塩事業に乗り出す
2014年 犬塚虎夫が死去、長女南こころが代表就任
「あごんちょび」を開発、発売
2017年 株式会社に組織変更、南慎太郎が社長就任

五島のトラさん

大切にしているものがあります。
ひとつは、虎屋がある長崎県・五島列島の豊かな自然。
ここにしかない天然の恵みを生かし、安心安全な商品作りにこだわっています。
もう1つは、何ものにも代えがたい家族の絆。
島で生まれ育った私たちが、心を1つに仕事をしています。
いずれも先代で創業者の故・犬塚虎夫が愛してやまなかったもの。これからも虎屋の進むべき道を照らします。

http://www.ktn.co.jp/torasan/